人との接し方   

目上・目下、年上・年下、という概念に関係なく同じ姿勢や態度で対等に話をしている方が私の仕事の取引先にいらっしゃいます。
私より10歳くらい年上ですが、私の仕事上の依頼や相談、時にはクレームなどもとても快く聞き入れてくださる、尊敬する人の一人です。


でも、私は完全に相手によって態度を変えてしまうタイプです。


はずかしながら、それに気がついたのはつい最近です。
それって見た目にも非常に格好悪かったと思います。
自分が恥ずかしく、情けない気持ちです。


これからは誰に対しても優劣をつけず対等に、自分の考えや気持ちを話せるようになりたいです。
[PR]

by chosi-631 | 2008-09-26 18:55 | 仕事モード | Comments(0)

<< 迷っている時間はない 「知らない」ということ >>