名将のように・・・。   

先日長男が学校から借りてきてくれた三国志の三巻と四巻。

一気に読破してしまいました。

すっかりハマッており、読み進めずにはいられない「中毒」状態になっております。(笑)

この本を読むまでは恥ずかしながら、三国志って「赤壁の戦い」くらいしか知りませんでした。

赤壁の戦い以降も物語りは続いてることにビックリしてしまった哀れな私です。

敵を倒すために様々な計略が実行され、騙し騙されの連続、自分の身を守るために降伏したり寝返ったり・・・。

国を手に入れるためなら娘も献上するという知謀には驚きました。


ほんの少し本の内容をお話しすると、

四巻では関羽が孫権によって討取られてしまいました。

孫権は関羽を捕らえ、家来になるように説得したが、劉備への忠誠心が高かった関羽はそれを拒否。

孫権の家来も関羽を生かしておくと後々孫権に不利になること恐れて首を切った。


というシーンがありました。

関羽が大好きだったのに・・・。

でもこうして強くて(武術に優れていて)情に厚く、義を重んじる姿は男子の私からしてもとても惚れる要素はいっぱいです。

今の時代で言うならやはり仕事に前向きで知識も豊富でプロ意識が高く、まじめで、曲がったことが嫌いで、恩を忘れない、そして行動力のある人ということだと思います。

上記のような男性が私は理想です。


5年後、自分はそうなっているかなァ?


思いの種を蒔き、行動を刈り取ろう。




よろしければ清き1クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by chosi-631 | 2011-10-22 23:46 | 読書 | Comments(0)

<< 楽しみ。 趣味? >>