眠くなったら困るから。   

昨日「滝川市」まで行ってきたのですが、

道中、車の中で歌いまくっていました^^;

なぜなら、アポイントが14時30分だったので会社を出たのが12時30分。

つまり、昼ごはんを食べてすぐ出発したので・・・。

午後は強烈な睡魔が襲ってきます。

そこへ来て、目的地までの国道12号線は、「日本一の直線道路」のある道。

29.2キロの直線は、ほとんどハンドルを切ることないので、眠くなっては困るわけで・・・。

声を枯らしながら歌っていました・・・。

f0185918_7303142.jpg


(↑恐らく北海道民で車に乗る人なら知らない人はいないし、道民にはおなじみの看板です。)


まぁ、ストレス発散にもなったかな?


アフターの打ち合わせも終始笑顔で無事完了。

来月、外壁を全面張り替える(メーカー保証のため無償にて施工)ので外壁を色柄を決めました。

そして、あわせて小さな工事の見積もり依頼も受けました。

この見積もり依頼が嬉しかった^^。


きちんと対応したら、絶対お客様の方から裏切ることはないということが改めて証明された一日でした。



よろしければ清き1クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by chosi-631 | 2010-04-18 07:33 | 仕事モード | Comments(2)

Commented by N-styel at 2010-04-19 08:00
お久し振り??です。お仕事順調で何よりです。
私も実はちょうど先週末、ちょっとしたコトでハウスメーカーさんとお話してました。
こちらは営業とアフターがしっかり区分けされており、メンテナンスも引き受けてくれているので色々相談を持ちかけ易い所です。
ちょっとした雑務を引き受けてくれるのは大変有難いです。当然、その場でも色んな話題になるので、また声をかけようとか知り合いにメーカーを薦めたりとか…新しい発展になります。
人は最後は誠意で仕事だとホントにそう思っていますし、願っています。
ただ、会社の組織の話は現状がどうなっているのかわからないので何ともコメし難いですが…。
アフター担当というのがある場合、営業のちょしさんが責任もってアフターに引き継ぐというのもアリなのかな…。
私の所は区分けされているからそう思うのかもしれませんが…。
お客様としては初めからの経緯を知った上で対応してもらえる、カルテのようなモノがあって事情をちゃんと踏まえたうえで対応して貰えたら最高なんですよね…
本業もちゃんと邁進されて良かったです!!
Commented by chosi-631 at 2010-04-20 06:47
N-styelさん>
「人は最後は誠意で仕事だとホントにそう思っていますし、願っています。」
私も同感です。誠意なくしてビジネスはありえないと考えています。
私の会社の場合、アフターの担当はたった1人しかおらず、いろんな業務を行いながら、アフターも兼任しているような状態なので、「手薄感」が否めません。
私も営業に異動になる前は彼と一緒にアフターなどを担当していました。
会社からは「営業も工事管理もアフターもできるスタッフになってほしい。」と言われています。
私もそうなりたい。
何事も経験ですし、お客様からすると窓口の一本化は、「経緯を知ってくれているという意味でいちいち説明しなくて済むし、気心を知れた間柄で話しかけやすい」というメリットがあると思っています。
これからもN-styelさんを見習いもっと丁寧な毎日を過せるよう心がけようと思います。

<< 頭痛。 アフターも営業。 >>