大きな心。   

子どもは宝だなぁとつくづく感じます。


私が疲れて帰っても、無邪気な笑顔で迎えてくれます。


どんなに辛い事があっても、それをまるでわかっているかのように


私を慰めるがごとく自分達のできる力でその場を盛り上げようとしてくれます。


私達大人は自分が「辛い」と感じていても、「辛いんです」とはなかなか口に出せないですよね。


まれに、子どもに強く叱りすぎたり、ウップンをぶつけてしまったと感じてしまう時がありますが、


子どもはそれを許してくれます。


大人同士だとわだかまりが残るのに、子どもは私達大人を許してくれる。



子どものような「大きな心」を持っていたいものです。
[PR]

by chosi-631 | 2009-06-15 07:14 | 日々の出来事など | Comments(0)

<< 「できた」一日。 まぶたが重いです。 >>