家族旅行   

久しぶりに家族で旅行に行ってきました。


何度か訪れている函館です。


初めて北海道新幹線を見ました。


f0185918_12203348.jpg

他の電車と違って、まるで滑るように駆け抜けていく姿に感動し、


「いつか乗りたいね~」なんて言いながらその場をあとにしました。


この新幹線がいつか札幌に来ると思うと胸が高鳴ります。


昨年も宿泊した「ラビスタ函館」


妻がたいそうお気に入りで、温泉も気持ちがいいし、お風呂上がりのアイスキャンディの食べ放題も嬉しいサービスです。


朝食が有名なこのホテル。


朝7時前に朝食会場に行ったにもかかわらず長蛇の列でしばらく待たされました(苦笑)


でも海産物がおいしくて、いくら丼のいくらものせ放題なのがこれまた嬉しいサービス。


食べ過ぎて、その日の昼食は食べられませんでした。


これまでも何度か訪れているのでだいたい函館の観光名所は歩いたので、


行ったことのないところを散策してました。


なにぶん、天気が悪くて観光しようという気持ちにもなれず、「昆布館」という地味なところに行きました。


そこのお土産屋さんの昆布に関する食材が試食があってとてもおいしくて、


通常、昆布って食材としてはマイナーなイメージがありましたが、


あれだけ昆布のお土産を全面に出すと、マイナーにしておくのはもったいない気がしてきました。


お土産にかなりの費用を投じましたが、以外にも普段肉ばかりの長男が


そこで「うまいうまい」っと言って食いついていたのが何より印象的でした。


二泊目は「函館グランドホテル」に宿泊。


お部屋からの眺望もよく、ウェルカムサービスも豊富で、娘はかき氷のセルフサービスに喰らいついておりました(笑)


ここは温泉がないので、少し車で走ったところの日帰り入浴の温泉に行きました。


普段、めったに日帰り入浴には行かないのですが、こういう時だからこそ行ってみるとなかなかよい泉質でした。


妻も肌がスベスベになったと喜んでおりました。


3日目にようやく青空が顔をだし、函館山からの景色を眺めました。


f0185918_12515462.jpg


なかなか家族で行動しなくなった昨今、いつまで家族でこうして旅行ができるだろうと思いながら


帰宅しました。もっと子供が小さなときからいろんなところに連れて行ってあげたかったけど


なかなかそれができてこなかった・・・。


父親としてできることって一体何なんだろうと思いながら、


今度は初めて、北海道から出て家族で旅行がしたいと思います。


楽しい3日間でした。

[PR]

# by chosi-631 | 2016-07-30 12:58 | Comments(4)

体制。   

普段は大体、人から言われたこと、人が言っていたことを「ハイ」っと聞き


なるべくその人に併せて仕事をしているつもりです。


ですが、ちょっと今回は「なぜ?」っと思ってしまったので否定してしまいました。


ある申請をとある街で行った時の話です。


その役所の窓口で私は、「○○の申請をしたいので何もわからないので教えてほしい」と言って伺いました。


そして、「まずは、こういう書類と図面が必要なので出してください。おそらく訂正をお願いすることになりますので。」


と言われ、とりあえずわからないながら書類を作成し提出しました。


その後、その担当者が現地を確認し、


「今回この現場ではこのようなものを使って、このように施工してください。


そのためには作ってもらった図面をこのように作り変えてください。」


っと言われその通りに書類を作り申請を出しました。


「これで、おそらく申請は通ると思いますので、またご連絡いたします。」


と。


ところが、その申請を出したのちに上司と一緒にその担当者が現地を確認したところ、


「上司からの指示で前回お話ししたやり方では都合悪いので、別なこの方法でやってください。」


というではありませんか。


実際にその別な方法ではお客様にご迷惑がかかるものだったため、


「できれば前の方法でお願いしたい」っと言いました。




私が一番最初に「何もわからないので教えてほしい」っと言って窓口に伺った時には


若い担当者とベテランっぽい上司と思われる担当者二人で相談にのってくれていました。


ですが、二回目以降はその若い担当者だけでした。


明らかに若い担当者は慣れていないなということを何度もやり取りをするうえで私も感じることができたのですが


私がその若い担当者から言われたとおりに書類を作成し申請を出して、


その書類が上司の手元に来て初めてその上司が動き出したのでしょう。


いざ、上司と若い担当者が現地を確認したところ、若い担当者の言った通りの施工ではだめだということになりました。



なぜ、慣れてないとわかっているならその上司はもっときちんと最初から指導しないんだろうか・・・・。


私はその上司に対して疑問を感じずにはいられません。


おそらく、私が上司のやり方に「NO」を突きつけたので、若い担当者は私と上司の板挟みにあっているはずです。


気の毒ですが、私もお客様にご迷惑をおかけさせたくないので「NO」と言わざるをえませんでした。


これなら、若い人が育ちづらい・・・・。


働きにくい・・・・。


上司が成長の芽を摘んでいる体制に、一言物申して差し上げようかと思っています。

[PR]

# by chosi-631 | 2016-07-25 13:19 | Comments(4)

灯す。   

また月イチのブログになりそうな予感たっぷりのちょしです。


「つづく」っと言ってから気が付けば早いもので半月以上が経過しました・・・・。


前回の続きを書きます。


人から教えていただいた「気づき」の続きです。


私自身が忘れたくないからブログに書いています。


緊急ではない重要なことをやり続けるためには・・・。


「心に火を灯すこと」です。


よく「あの人は才能がある」っという言葉を耳にしますが


この才能ってなんでしょうか?


若い人(特に子供)の感覚としては、「周りの人より、努力しなくても上手にできると思うもの」


なのだそうです。


たまたま習字で字が上手く書けたとか、絵が上手く書けたとか、歌ったら他の人より上手だったとか。


そんな感覚のものです。


でもそんな才能あるかも?っと思ったものを突き詰めていくと、


上には上がいて「やっぱり才能がない」っと思ってしまうのだそうです。


そして、そこでやめるのか、続けるのかで結果が変わってきます。


才能が無いと気づかされながらもひたむきにやり続けることで


挫折から乗り越えた先に才能が開花します。


その才能を開花させるために、心に火を灯すのです。


「火おこし」をしようとしたときに何もないところから火をおこすことはとても大変です。


時間、労力がかかります。


っであれば「火のついている人から、火を分けてもらえばいい」ということになります。


ではどうやって火のついている人と出会うか。


それは本を読むと出会えます。


本を書く人は皆、心に火を灯しながら執筆しています。


火をつけた生き方をしている人と共に生きるということをすれば、


やがて自分にも火が付くはずです。


そして、火が付いたら、その火が消えないように油を注ぎ続ける必要があります。


「油断」


すなわち油を断てばその火は消えてしまいます。


モチベーションを保ちつつ、油断せず、緊急ではない重要なことに取り組み続ければ


もともと周囲の人と微差しかなかった才能がやがて大差となり、自分の才能を開花させ


自分自身の可能性を信じれるようになるのです。




人から聞いたお話でとても私自身参考になったので、書かせていただきました。


そんなわけで今私はネットで本を一冊購入しました。


近日中に届きます。


ちょっと楽しみです♪

[PR]

# by chosi-631 | 2016-07-18 21:30 | Comments(2)

ゆっくりするということ。   

最近はほとんどその日に帰宅することがなく


休みも家庭のやることがいっぱいあって、ゆっくりとする時間がないなぁと感じます。


先日、ある気付きをいただきました。


ベストセラー「7つの習慣」という本に


人間の行動には4つのパターンがあると記されています。


1緊急で重要なこと


2緊急ではない重要なこと


3緊急で重要でないこと


4緊急でもなく重要でもないこと


私は普段の生活では毎日がほとんど1番に翻弄されています。


とにかく急がなきゃならないから何が何でもやらなきゃいけない。


そのことに一日の大部分の時間を費やします。


私は気づかなかったのですが、実は1番の時間一日の中でを長く続けると


心身ともにクタクタになり、一日の1番が終わった後に、4番の行動にいってしまうのだそうです。


「ダラダラと興味もないテレビ番組を見る」


「意味もなくスマホでネットを見ている」


「時にはビールを飲んで酔っ払ってソファーで寝てしまっている」


などなど・・・。


言われてみたらその通り・・・・。


つまり、ゆっくりしてるんです。


ゆっくりするってなんだろう?


ここが時間の浪費なら、「ゆっくりすること」はあまり良いことではないような気がします。


「明日の1番をこなすためには絶対に必要な休息でありこの時間は投資なんだ」


と言えるならそれは4番ではなく2番になるので必要な時間となりますが・・・。


この4番のような2番は別にして、


実は自身の才能を開花させるためには1番からの2番にどれだけ時間を費やすことができるかなのだと教えてもらいました。


緊急ではない重要なこと。


例えばなにか上達したいものがあってその練習をするとか、


取りたい資格があって、その勉強をするとか


自分を向上させるための投資の時間。これが自分の才能を開花させます。


もちろん一朝一夕で開花するものではありません。


やり続けることが大切になります。


じゃあやり続けるためには・・・。


つづく(笑)

[PR]

# by chosi-631 | 2016-06-28 21:03 | Comments(4)

食器棚リフォーム〜完成編〜   

息子に手伝ってもらいながら戸棚類を固定しました。


必要以上にコーキングが分厚くなって


施工しにくかったです(^_^;)


f0185918_22185349.jpg




やっぱりプロには敵わないなと思います。


それ以上に感じること。


この作業をするだけで息を切らしておりました...


体力がなくなったなぁっと....


今年はウッドデッキも治さなきゃいけなくて...


やる事多すぎるゥ


父ちゃん頑張ります(^_^;)
[PR]

# by chosi-631 | 2016-06-04 22:11 | Comments(4)

食器棚リフォーム♫   

これから食器棚スペースをリフォームします


新婚当時に購入した食器棚とはお別れです


私たち夫婦のこれまでをずっと見ていた食器棚


時の流れによって今役目を終えようとしています。

f0185918_11511277.jpg



普段の仕事以上に体を動かしているちょしでした☆
[PR]

# by chosi-631 | 2016-05-24 11:30 | Comments(4)

ルールの本質。   

まじめに働いているつもりですが


一時停止義務違反で違反切符を切られました。


まだまだまじめじゃないって突きつけられた気がします。


いい家を作りたい一心で夜遅くまでお客様と打ち合わせをして


帰宅途中で捕まる。


パトカーの中での一連の処理が終わり、車を走らせたら、


その300mくらい先でも、別のパトカーが信号無視を狙っていました。


心底思います。


もっと捕まえるべきヤカラがたくさんいるだろ?


自分のお客様にも「ヤカラ」を捕まえるのに必死になってる方がいらっしゃます。


ものすごく尊敬します。


悪と戦っている姿を誇りに思います。


でも自分が捕まった時、


「自分も悪なのか....」と思わざるをえません。



こんなに頑張っても「悪」。


この夜中に、車も走っていない道で、


一時停止の停止線のあるところを減速しただけで停車をしなかったという理由で


罰金7000円。


こんなの納得がいかない。


人を不快にさせているだけで、何の意味があるのか?


交通安全は普段から気にかけて運転しています。


加害者にも被害者にもなりたくないから。


そんなのは当たり前にやってる。


なのに、被害者にも加害者にもなりえないシチュエーションのところで、


「ルール違反だ。」という理由で罰金を科すのは如何なものか。


誰のためのルールなのか。


私たちを捕まえるための警察にとって都合の良いものでしかない。


ルールは時として人の考えを歪ませる。


ルールが作られる上での「事の本質」は何なのか?


交通事故が起こらないようにという意味でルールが作られたんでしょ?


であれば、「絶対に事故は起こらない」というシチュエーションの中でもそのルールを適用する意味がどこにあるのか...。


もし、警察のノルマ(「目標」というらしいが)のためのルールなら、「事の本質」から大きく歪んでいる。
[PR]

# by chosi-631 | 2016-05-16 01:01 | Comments(4)

鍛える。   

暖かいですね


会社も連休明けからクールビズになりました。


娘は今日、バスツアーでプールに行きます。


親が引率しないツアーなので心配ですが、


本人はとても楽しみにしているようです(^ ^)




この土日、朝にお弁当を作る必要が無く、


チョット早起きをしているので、庭の薔薇たちに肥料をあげました。


昨日の肥料が効いたのか、それとも昨日の暖かさが良かったのか、


昨日見たときより今朝の方がそれぞれの薔薇が生き生きとしているように見えます。


植物は話しかけると良いと言いますが、きっと想いが通じてくれてるんだなと感じました。


薔薇の世話も習慣化させたい。


いろんな事をテキパキできる人が羨ましいです。


毎日時間に追われながらもそういう人になりたいと思って動いています。


ただ、何がストレスになっているのかわかりませんが


昨日は胸がギューっと痛くなる事が何度かあり


早々に寝ました。


想いにカラダが付いてきてない感じがしてます。


これも自分を鍛えるためには必要な負荷なんだと思いながら頑張りますヨ
[PR]

# by chosi-631 | 2016-05-15 06:35 | Comments(2)

朝。   

今朝も眠い目をこすりながら長男の弁当作りです


妻が体調が悪く仕事にも行きたくないというほど状態。


協力できるところは協力しようと思っています。


これからおかずを詰め込みます。


冷凍食品ってラクだなって感じます。


でも、一手間かけた料理の方がきっと美味しいはず。


だから、おかずのスペースに余白ができてしまった時に、少量冷凍食品に頼ります。


慣れない包丁を持ち、自分なりに段取りを考えながら、キッチンで格闘しています。


新しいフライパンは玉子焼きがくっつかなくてできるから便利♪


小さな幸せです⭐️
[PR]

# by chosi-631 | 2016-05-12 06:27 | Comments(4)

春。   

念願の桜が咲き、ようやく春が来たなぁと感じます。


長男は高校生活をそこそこエンジョイしているようで、楽しく過ごせていればそれが何よりといった感じです。


もちろん次の「進学」ということも頭に置いておいてほしいのが親の本音ですが、


今はあまり勉強を強制はしていません。


だって、勉強が心底死ぬほど嫌いなんですよ(笑)


音楽が好きなようで、友人とバンドを組みたいんだそうです。


自由にやったらいい。


放置しているわけではありません。


やりたいことをやらせてあげたいんです。


中学生のころは長男よりピアノが弾ける人はたくさんいました。


同い年とは思えないほどすごい曲を自信満々に弾いちゃって、


本当に中学生か?と思っちゃうくらいのレベルの子がゴロゴロいたので


完全に長男は影に隠れざるをえないレベルでしたが、


幸い高校ではたまたまピアノを得意とする人が周りに全くおらず、


長男のレベルでも「おぉ~」っと称賛されるんだそうです。


それでちょっぴり嬉しい長男。


ピアノでも、バンドでも、アルバイトでも、いろんな経験をした方がいいのさ。


そんな長男の弁当を作ってみたりして、慣れないこと楽しんでいる私もいるのでした☆

[PR]

# by chosi-631 | 2016-05-09 23:37 | Comments(4)