<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

3月に想う~自分編~   

今月はある意味とても充実した一か月です。


久しぶりにこの3月の1か月間で3棟のご契約をいただきました。


本当にありがたい出会いを与えて下さったことに感謝感謝です。


「やっぱり契約が取れると嬉しいですか?」っとそのうち2件のお客様から同じ質問を受けました。


営業マンである以上、契約が取れて嬉しくない人はいないと思いますが


その喜び以上に、良い家を作らなければならないという重責を感じることの方が大きいです。


もう年齢も40歳を超えました。


傍からみたらこの道のプロです。


私自身もプロ意識を持って営業しています。


プロってなんなのか?


住宅のことならなんでも知っていて、全てにおいて精通しているのがプロというなら、


この世にプロは存在しません。


それは打率10割のプロ野球選手がいないのと同じように・・・。


打率3割以上をキープし続けることが一流のプロ野球選手と言われるように


私たち住宅営業に携わる者は一定の棟数を一年間で受注し続ける者がプロと呼ばれる人になるのかなと


勝手に解釈しています。


そういう意味での「プロ意識」です。


いかに受注し続けるか。


それは日々のルーティーンを重んじること。


そして自分に欠けていると思うことを補う努力をし続けること。


そうやって少しずつでも成長を感じていなければ、なかなか「受注し続ける」というのは難しいと思います。


前の私ならひと月で3棟の受注が取れたら、気持ちのどこかで安堵感を感じていましたが


今年はもっと高いところに目標を置いているので安堵感はありません。


いかに満足度の高い良い家を量産できるか。


それをこれからも突き詰めていきたいと思っています。




よろしければ清き1クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by chosi-631 | 2016-03-29 21:38 | Comments(2)

3月に想う ~長男編~   

目まぐるしい3月でした。


初旬に長男の高校受験があり、中旬に合格発表。


第一志望合格でした。


私としてはその第一志望はもっと上を目指してほしかったのですが・・・。


やはり蛙の子は蛙なのでしょう(笑)


去年の夏から、我が家にとっては巨額な塾の費用を投じました。


だからこそ親としては本当はもっと上を目指してほしかった。


でも、彼にとってはこれが精一杯なところだったようです。


受験が終わって長男はこんなことを口にしました。


「前まで勉強のやり方がわからなかったけど、塾に通うことで勉強のやり方がわかった。」


と。


勉強によって知識を増やすということのずっとずっと手前で長男は立ち止まったままだったのです。


それに親である私が気付いてあげられなかった。


「勉強しなさい」っと何百回言ったかわかりません。


「勉強が嫌いならもう勉強なんてしなくていい困るのは自分だ!」って何百回言ったかわかりません。


そのたびに長男が委縮していたのもわかっています。


「だって勉強のやり方がわからないんだもん」


という長男の思いを感じ取ることができなかった。



今は春休み。


中学校を卒業して、この春高校生になる長男。


「塾で勉強のやり方を教えてもらったから高校に行ったらちゃんと勉強するネ。」


と先日言ってくれました。


その言葉に過大な、、、ものすっごい過大な期待を抱いてしまっている私。


もしこれで高校から勉強をしてくれるようになってくれたら・・・。


努力することの大変さと大切さに気付いてくれたら・・・・。


続けることの難しさと、続けたことによる結果の違いに気づいてくれたら・・・・。


この中学時代に長男に投資した塾の費用は無駄になっていなかったことになるはず。




30日には長男と一緒に入学前のオリエンテーションに行ってきます。





よろしければ清き1クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by chosi-631 | 2016-03-27 14:47 | Comments(4)