<   2012年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

ユルさ。   

トイレ掃除の時もそうでした。


自然発生的に「これは続けよう。」となんとなく心に感じたことって続けたくなるなぁと。


本当に珍しく、自分でもちょっとびっくりなくらいブログを書いてます。


前は「毎日書くぞォ~」っと鼻息を荒くして書いていましたが、内容のないものも多々あり、


確かに続けることに意義があると思って書いていましたが息切れをしてしまいました。


あまり、肩に力を入れずに踏ん張りすぎずに行動することが、私にとっては物事を習慣化できる方法なのかも知れません。


実際、トイレ掃除も春くらいから、(自然発生したため正確な日付は覚えていないのです)


仕事のある日は毎朝やっています。


今はトイレ掃除をしないと何だか一日が始まらない感覚です。


「もし人から何が趣味ですか?」


っと聞かれたら、「トイレ掃除とブログと読書」って答えてしまいそう。


気楽に取り組むこと。


ちょっとしたユルさって物事を続けていくためには必要なことのように感じます。


ちなみに次に読む本はこちらです。



「人を動かす」  D・カーネギー 著



ずーっと昔から気になっていた本です。


気にはなっていたけど、この本に手が伸びなかった・・・。


でもこの度は自然と手が伸びた。


何か今の自分に必要なことがきっと書かれているのだろうと思っています。


本との出会いは、「反れかかった自分の心の道を正しい方向に戻してくれる。」



そんな気がして、楽しんでいます。





よろしければ清き1クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by chosi-631 | 2012-08-31 07:10 | 一流への道 | Comments(2)

勘定か?感情か?   

中村信仁さんの本を昨日読み終えました。



今回も、とてもたくさんの気づきをいただきました。



私はこのブログで「人に尽くす」ということを何度もアウトプットしてきました。



「人に尽くす。」



一体何のため?




私の心は間違っていました。中村さんの本を読んで気づきました。



私の心の奥底には、「目標数字をやりきるため。」という私利私欲が存在していることを。



本の一行にこんなフレーズがありました。




「心」を忘れて数字に走ってしまうと営業活動は一夜にして地獄の日々と化す。




「心」がどこかに行って売ろうとするから、「プチうつ状態」になってしまっていました。




営業はお客様の問題解決のみ考える。




計算で動くのか、心で動くのか。



損得勘定か善悪感情か。




勘定と感情の違い。




もっと「心」で動こう。




よろしければ清き1クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by chosi-631 | 2012-08-30 07:00 | 読書 | Comments(0)

アドバイザー。   

先日から私の崇拝する中村信仁さんの本を読んでおりますが、


その中で印象に残ったフレーズを一つ。


私は一体「何屋さん」か?


という問いです。


もちろん、「住宅屋さん。」という返答になってしまうと思ったのですが、


それだと、同業他社が全てライバルとなりどう勝ち抜くかということになります。


では「住宅屋さんではない。」という視点からものを考えたときに何屋さんか・・・。


私は今の住空間にお悩みを抱えている方に快適な空間を提供する「住空間アドバイザー。」


っと位置づけたら、今の住まいに対する不満や不安を解消するという視点からアプローチできます。


本にはこう記されています。


「私たち営業は、お客様に対して時間と空間を提案しています。何を売るにしても、全てはお客様の時間に、お客様の空間に溶け込むのです」と。


お客様は、今の不安や不満を解消するため、もしくはより一層の喜びを得るために対価を支払いそれを求めます。


その「喜び」を提供し続けるのが私の使命であり役割なのです。


「住宅屋さん」という枠の中にいると、同業他社の動向が気になります。


でも、自分のベクトルはあくまでお客様に対して向けるべきであり、他社ではないわけです。


値引き合戦は果たして本当にお客様のためか?


「他社を蹴落とし、自分のところで成約を結びつける手段。」であり、これならお客様に対してベクトルは向いておらず、他社と自社にのみ注力されています。


「アドバイザー」というキッチリとした位置づけで、これからはお客様と接していこうと感じました。


現にこれまでもいろいろとお客様とお話を伺っていくと、お客様の叶えて欲しい望みはたくさん出てきました。


それを価格面でも叶えて差し上げるのが営業の手腕であると私は考えます。


そのためには社内営業も必要ですし、取引業者との綿密なつながりも必要不可欠です。


まだまだ、お客様のためにやらなきゃいけないことはあります。




やっぱり読書は良い^^


そして、朝のこうしたアウトプットの時間はもっといい^^


朝ブログ・・・久々に4日続いています。







よろしければ清き1クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by chosi-631 | 2012-08-29 06:54 | 読書 | Comments(0)

話せる聞けるありがたさ。   

久しぶりに3日連続の投稿です。


昨日、お客様のお宅に言って打ち合わせをしていたら


話の流れで、お互いの結婚までの馴れ初めのお話になりました。


考えてみれば、妻との出会いから結婚までそして結婚後これまでのことを


話したり聴いたりすることってあまりないなぁっと感じました。


例えば、毎日顔を合わす会社の人とか、取引先、久しぶりに会った友人など


そんなに周囲にベラベラお話するようなことでもないですよね。


逆にこの仕事だから、ご夫婦やご家族のことをうかがうことができるのかも知れません。


「腹を割って話す。」っと言いますが、


こういうことが話すことができる関係をたくさん作っていきたいです。





よろしければ清き1クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by chosi-631 | 2012-08-28 06:38 | 一流への道 | Comments(4)

アウトプット。   

今朝、5時から起きて読書をしておりました。


営業成績が上がる「一冊一顧客」ノート術  中村信仁 著


私が崇拝する、中村さんの新作の本です。


これまでの中村さんの本とは全く違う、いわゆる「営業ノウハウ本」です。


その中で、インプットとアウトプットという表現がたくさん出てきます。


本の内容からは反れるのですが、


「そういえば、最近ほとんどアウトプットをしていない。」っと感じました。


ブログの更新頻度も昔に比べるとガクッと減りましたし、


人に何かを伝えたいと思っても、それがうまく表現できないもどかしい自分がいます。


口下手って損だよなといつも思うのですが、


例えば、ブログにはこうして「気持ち」を書くことができるのですが、


それを口に出して伝えられるかというと、全く伝えられません。


とにかく、なるべく前向きな言葉を発しようと思います。


批判や悪口などは何の解決にもならないから。


今日も一日が始まります。


いつもどおり、お客様のために尽くす一日を過ごしたいと思います。


娘が眠い目をこすり起きてきました。



真っ先私の膝下へ・・・。


そして、私の目の前でクシャミ連末・・・。


彼女の笑顔に癒され、やる気チャージですヽ(*´∀`)ノ




よろしければ清き1クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by chosi-631 | 2012-08-27 06:50 | 読書 | Comments(0)

前向きに。   

久しぶりに読書ネタです。

「29の誕生日、あと1年で死のうと決めた。」 葉山アマリ 著


を読みました。


別に今、死のうと思っているわけではありません(笑)


たまたま本屋さんで手にとった本がこれで、読み進めると止まらなくなってしまって結局最後まで読んでしまいました。


つまらない日常から打破して自分を変えていこうとするこのストーリー。


なかなか面白かったです。


私自身も今の自分を変えたいところはたくさんあります。


自分自身も変えたいし、周囲の環境の中で変えていきたいところは多々あります。


自分以外の人を、真の意味で変えていくことは「説得」という方法ではできないのだから


結局自分自身が変わっていかなければならない。


そう考えた時に、「じゃあいつまで?」っと考えることをしてこなかった私。


結局「なんとなく変えたい。」と思ってるだけで、何も変わってなかったりします。


期限を決めて、その時まで我武者羅に突っ走ってみるっていうことも大切かなってこの本を読んで感じました。


今のまま、ズルズルと私の人生を終わりたくはありません。


自分をチェンジさせるのは自分の行動によってしか変えられません。


自分の人生を変えていくのも、結局は自分自身です。


もっといろんなものに挑戦して。


きっと私が偶然にもこの本を手にとったのは、「今の自分を変えたい。」と心のどこかに思っているからだったからだと思います。


さぁ、これからどうしていこうか自分の人生。


守るべきものもあり、自分ひとりでなんでも決められる状況ではないけれど、


今よりもっと「強い自分になりたい。」


もっと「攻めの人生を歩みたい。」


そのために必要なもの・・・。


やっぱりお金!?


行き着くところがそこなのだとすれば、やっぱりもっと稼げる私にならなければなりません。


何も「一人勝ち」を望んではいません。


もっと自分の仕事に対する思いを正面からお客様にぶつけて言ってもいいのかな・・・。


もっともっと自分を前面に出していってもいいのかな・・・。


これまで重ねてきた多くの失敗が、「また失敗するのでは?」っと気持ちにブレーキをかけてしまいます。


「失敗」。


この言葉を「筆談ホステス」の斉藤里恵さんは失敗という言葉を


「敗れたからこそ、もう失うものは何もない。あとは前に進むだけ。」


と前向きな言葉で説きました。


過去を悔やんでも仕方ない。


結局、自分がどこまでやりきれるか。ですね。


オリンピック選手のような一流選手ではないけれど、一流選手も努力を惜しまないのだから、三流の私が努力しないでどうしようというのか。


一歩踏み出すだけ。


実行するための一歩を。


頭の中でいろんなことが堂々巡りしてますが、結局「やる」と決めて「実行する」だけのこと。


掴みに行こう。


出立に「遅すぎる」はないはずさ。


っていつも同じようなことをブログに書いているような気がする・・・。(笑)




よろしければ清き1クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by chosi-631 | 2012-08-26 06:58 | 読書 | Comments(0)

懸賞生活23と24と25   

私がしばらくブログの更新をサボっている間に、妻はまたしっかりとお役目を果たしております。


ちょっぴり溜め込んでしまっていましたが、これのおかげでこの夏はビール類を買う必要がなくなりました。


(我が家では頻繁に晩酌をするわけではないので~)


f0185918_795993.jpg



金麦24缶入1ケース&ローリングホップ24缶入1ケース


f0185918_7102586.jpg



f0185918_7104110.jpg



そして、妻が欲しがって当てにいった「iittalaの食器セット~」


この懸賞はいろんなサイズ(1リットルとか500mlなど)の牛乳パックについている


それぞれのマークを貼って応募しなければならず、「応募する人は少ない!」と考え、


その割に当選人数が多かったのでこれは出せばきっと当たると睨み、


それだけのために普段買うことのないサイズの牛乳パックをわざわざ購入し


何口か応募したところ見事に当たりました。




「懸賞って当たらない」っと昔から思っていた私ですが、


こうして“当てに行って”キッチリと当選する・・・。




女性の勘は鋭いとよく言いますが、


こうゆう選球眼を妻は持っていると思います。


サントリーさまさま~ヽ(*´∀`)ノ


2ケースもありがとう~(=^0^=)


こうして生活の肥やしになる懸賞を求めて、妻は日々懸賞サイトをクリックしています。



またまた懸賞で当たって「よかった」です


よろしければ清き1クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by chosi-631 | 2012-08-22 07:13 | Comments(6)

夏休み。   

お盆休みをも終わり、これから年末までまたひたすら走り続けようと思います^^

6連休・・・。

長いようでアッという間に終わってしまいましたが、

普段家族との時間があまり取れない分、妻や子供との時間が作れたこと本当にいい時間を過ごせたと思います。

前回のブログではちょっとナーバスになっていましたが、しっかり充電したので頑張ります^^

ご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。


ざっと休日をどうすごしたかお話すると・・・。

13日は実家へ帰ったりお墓参りに行きました。

14日は娘の誕生日でしたのでプレゼントを買いに行ったり、ケーキを買いに行ったりしました。

15日は息子が前々から見に行きたがっていたポケモンの映画を見に行ったりしました。

16日はちょっぴりお仕事で午後からお客様と銀行でローンの手続きをして、その後三井アウトレットに遊びに行きました。

17日は妻の両親と弟を自宅に呼び、ウッドデッキでBBQをやりました。いつもは家族4人でするBBQですが、大人数だと楽しかったです。合計7人乗ってもウッドデッキのスペースにそんなに狭さを感じなかったのである程度大きく作っておいて良かったです。

そして18日の最終日・・・。

16日にもアウトレットに行ったのですが、再度訪問・・・。

16日に迷いに迷って結局買えず帰ったのですが、思い切ってそれを買うために行きました。

そこで購入したものがこれ↓

f0185918_7154436.jpg


f0185918_7161472.jpg


ルクルーゼのお鍋です^^

16日になんとなく入ったら、ルクルーゼのココットロンドというシリーズの26センチのお鍋が定価35,000円なのですが50%オフの17,500円で販売されていました。


「このシリーズのお鍋が2万円を切る!?」っと妻と二人で驚いていたのですが

それでもその時は「お鍋1つに17,500円って、今の我が家の家計にはどうよ?」っと妻と顔を見合わせておりました。

でも店員さんは「この鍋で作った料理は本当に美味しいですよ。同じ作り方をしても同じ材料を使っても、味が全く違うんです。」っと仰言っていて

単純な私はその言葉に胸が締め付けられました。

「普段でもそこそこ美味しく料理してくれる妻の料理が、この鍋一つでそんなに美味しくなるのか?」っと。

私はその時、崇拝する中村信仁さんの言葉を思い出しました。

「人には会ってみろ飯は食ってみろ。」

どんな人かわからないで、その人がどんな人か探りを入れるくらいなら実際に会って肌で感じなさい。ご飯もそのお店の味が自分の口に合うかどうかは食べてみないとわからないから実際に食べて自分で感じなさい。という意味なのですが、

このお鍋で作った妻の料理はどんな景色を見せてくれるのかものすごく興味が湧きました。

どちらかというと調理器具って本来妻が欲しがるかもしれないのですが、これは私が欲しくなりました。


「山頂からの景色というのは山に登ったものしかわからない素晴らしい景色がそこにはある。」のと同じように、このお鍋を買ったものにしかわからない味がこの鍋にはあるのだろうと直感的に感じました。


っと同時に、住宅購入を迷っているお客様心理を少し理解できたような気がしました。

「値段が高いけど、私たちがそれを買ってもいいのかな・・・。」

っという不安です。

営業はその不安やそのほかの様々な不安を安心に変えていく仕事だと思っています。


いかにして、背中をポンと押して上げるか・・・。


それは「まだ見ぬ素晴らしい風景を相手に想像できるようにお話すること」もひとつの重要な要素だと感じました。

とにかく優しい笑顔で接客するお店のお姉さんにも安心感を感じました。


このお鍋のデビュー戦がいつになるのかは妻のみぞ知ります。

初回から鍋底を焦げ付かせないようにして欲しい・・・。

結構デリケートなお鍋のようなので、折角なので長く愛用したいです。


いい買い物ができて「よかった」です^^






よろしければ清き1クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by chosi-631 | 2012-08-20 07:17 | 日々の出来事など | Comments(8)

プチうつ。   

明日から、お盆休みです。


今年の年明けから、自分なりに我武者羅にやってきたつもりでいます。


自分で、自分を褒めてあげたい気持ちもあります。


でも会社からの「仕打ち」とも言える辛い待遇で何度も気持ちが萎えそうになりました。


何を愚痴っても、これが現実です。


この夏は、どこにも行けずおとなしくしています。


本気で悔しいです。


休みが明けたら、また年末まで走り続けます。


家族には迷惑をかけてばかりだ・・・。


自分の存在価値すら疑ってしまいます。


営業はメンタルがタフでなければなりません。


本を読み、いい言葉を得ることで心を折らないようにするだけです。


だから今は本なしでは生きられない。


自分は辛くても、周囲を励まし、僕の周りが前向きになってくれれば・・・。


18日まで休みです。


これまで溜まった膿を出し、「プチうつ」な状態からの脱出を図ります。



うつっぽくなって「良かった」



なぜなら、うつっぽいという自覚があるから。



負けるな自分!!


オリンピック選手からたくさんの元気をもらっているのだから、それを糧にしよう。




よろしければ清き1クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by chosi-631 | 2012-08-12 07:49 | 一流への道 | Comments(8)

レアケース   

昨日、こんな事例を経験いたしました。


注意を促す意味で写真掲載いたします。


お客様から連絡があり


「コンセント部分から出火した。」と。


駆けつけると、このような状態に・・・。



f0185918_10155539.jpg



何が原因かはわかりませんが、特段「タコ足配線」にしていたわけでもなく、延長コードを使用し、


そのコードにはテレビゲームの電源しか挿していなかったということなので、


一般的に考えれば熱を持つような状況ではありません。


ただ、その延長コード自体が若干古く、そのコードの差し込み部のプラスチックの溶け方がひどかったので


コードがショートしたものと思われます。


深夜2時頃、高校生のお子さんのお部屋でバチバチ火花が出ていたので慌ててお子さんが飛び起き


火が出ているのを見つけて両親を起こしに行って


コンセントを引き抜き、事なきを得ました。


もし、家に誰もいない時にこんなことになったら・・・。


もし、あと数分気づかずにお子さんがそのまま寝ていたら・・・。


この程度のことで終わらなかったことは言うまでもありません。



だからこの程度で済んで良かったのだと思います。



火災保険の適応になるかどうか・・・。



今後保険会社とお話もしながら、修繕を進めていきたいと思います。



新築の営業マンでありながら、アフターメンテナンスにも積極的に取り組むのは



こういう事例を一つでも多く経験し、これからのお客様に役立てて欲しいからです。


今回のお客様は、直接私が営業したわけではないのですが、


っというよりも、そもそもうちの会社の建物ではないのですがその建築会社がなくなり、


ひょんなことから私が窓口になり、何かあればその都度私に連絡が来るのです。


お客様にとっても決まった窓口があったほうが安心なんじゃないかな~って思ってお付き合いするようになったのですが・・・。


今回は、お客様は気が動転していて火災保険の事に頭が回らなかったご様子・・・。


「これで火災保険が使えれば助かるぅ~」っとお客様は仰言っていました。


「お客様」という存在は私に色々と経験をさせてくださるので、本当にありがたいです。





よろしければ清き1クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by chosi-631 | 2012-08-07 10:32 | Comments(2)