2009年 06月 12日 ( 1 )   

木。   

昨日、会社の取引先の人とお話しする機会がありました。


普段、その方とは事務所で1ヶ月に一度、会うか会わないか位しか顔を合わしませんし、


会っても、会釈する程度の方だったのですが、


たまたま時間もあり、2時間くらいお話をしていました。


その方は和室の「床の間」の床柱など和室の材料を専門に扱っている業者さんで


正直、ここ最近和室の需要が減っている事もあり、その材料についての知識は皆無だったのですが


色々、お話を聞くと和室を提案したくなりました。




10年位前、阿寒湖に行った時のこと、


そこで立ち寄った木細工のお土産の店主が


「この木はエンジュという木で非常に硬く縁起のいい木だよ」


「この木はイチイという木でこれも硬くて丈夫で腐りづらく、とても品格の高い木だよ」


と教えてくれていたのをなんとなく覚えていました。




昨日その方とお話をさせていただいていた中でも、


やはりこれらの「エンジュ」や「イチイ」を床柱に使っているケースが多いらしく、


中には、実際に床柱にエンジュを使ったお宅に、車が突っ込んできて、家の一階の一部分は大破したけれど


たまたま家族全員が二階に居た為怪我をしなかったという事例もあったという事です。


それが本当に床柱のおかげかどうかは誰もわかりませんが


災いは起きないに越した事はありません。




今はこれらの木がほとんど取れないのだそうです。


なぜなら、伐採してばかりでその後に植樹をしないから。


当たり前ですよね。


「木」が品物として使えるようになる「木」に育つまで何十年もかかります。



やはりこの北の大地北海道では、まだまだたくさんあるように見える森林もこれからは


守り、育てていかなきゃならないんだと感じました。


その、大切な資源の一部を私はお客様に提供しているという事を忘れてはいけないように感じました。


「木」に秘められたエネルギーをどれだけのお客様に提供できるかな。


「イチイ」や「エンジュ」という木は木肌が滑らかで触り心地がいいので


を床柱という形だけではなく、家の中のアクセントや、細いものであれば玄関の手すりのとして、


使えるような気がします。


実際にこういう使い方をするのか(できるのか)わかりませんが


玄関の手すりなら「毎日縁起のいいものに触れてから出掛ける」という事にもなるので


悪くないなぁと思います。
[PR]

by chosi-631 | 2009-06-12 07:08 | 日々の出来事など | Comments(2)