第2幕「仕事を楽しむ。」   

クライマックスシリーズ第二戦。


(野球ネタばかりですいません・・・。)


楽天のエース岩隈投手VS一軍二軍を今シーズン行き来した糸数投手の試合。


やる前から、今日は勝たせてくれないだろうなぁと思ってテレビを見ていました。


どちらかというと、「どうやって岩隈投手を打ち崩すか。」というよりも


「糸数投手がいつ打たれてしまうのか。」という劣勢な気持ちで見ていました。


でも、糸数投手があの緊張感の空気を楽しんでいるのを見て取れました。


確かに一昨日勝っているので優勢で気持ちに余裕があったということもあると思うのですが、


「様々な状況下でも楽しむ大切さ。」を若い糸数選手から教えてもらった試合でした。


相手からホームランを打たれても「仕方ないよな~」って感じで笑みを浮かべていたくらいですから・・・。




私の仕事も、断られるほうが圧倒的に多い仕事。


「仕方ないよね。次がんばろう。」っと前向きな気持ちに思えるように


私自身もっと「気持ちを鍛えなきゃいけない」と感じさせてくれた試合でした。






よろしければ清き1クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by chosi-631 | 2009-10-23 07:35 | 日々の出来事など | Comments(3)

Commented by whirl--wind at 2009-10-23 19:51
営業の世界は断られることが圧倒的に多いでしょうね。
金額も金額だから、成功する方少ないのが普通なのでしょうけど。
それでも、手応えのあるところで他社に持って行かれたりすると凹みも大きいと思いますけど、この仕事、ちょしさんの言うとおり前向きじゃないとやれません。
ファイト!
Commented by chosi-631 at 2009-10-24 07:34
実際そのとおりです^^;。
手ごたえ感じるお客様を他社に持っていかれると凹みます。
それにプラスして、
「手ごたえを感じていなかったお客様を持っていかれる」
のも凹みます。
なぜ「自分に心を開いてもらえなかったのか」と・・・。
まずは「手ごたえを感じないお客様を減らすことが大切なのかな」
と感じます。
まだまだ努力が必要です^^;。
Commented at 2009-10-25 17:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 第3幕「気迫」 第1幕。「あきらめない気持ち」 >>